HOME いいマンションを探す 条件を絞る 物件を見る 申し込み、契約
申し込み

希望のお部屋が見つかったら、申込をします。必要な費用や書類があるので確認して揃えましょう。
後々トラブルにならないために書類は面倒でも必ず自分で読んで、わからないことは質問しましょう。

 

*入居申し込み書の記入

 

物件が決まったら、入居申込書の記入をします。この書類は貸主に対して入居希望の意思を伝える大切な書類です。申込書には自分の情報だけでなく、連帯保証人になってくれる人の情報も記入するので、事前に確認しておきましょう。記入する項目は主に以下のものとなります。また印鑑が必要なので、忘れず持参しましょう。

 

■本人の氏名 :本人の生年月日 ・同居人の有無
■本人の年齢 :本人の勤務先  ・連帯保証人の勤務先住所
■本人の年収 :連帯保証人の氏名・連帯保証人の続柄
■本人の現住所:連帯保証人の年収・連帯保証人の現住所

 

 

*申し込み金を支払う

 

契約の意思表示の為、通常は申込書の提出と同時に申込金が必要です。だいたい数千円程度から家賃1ヵ月分までが目安とされています。契約手続きが進むと、預けた時点でその部屋の申し込み順位を確保することが出来ます。契約が進めばそのまま手付金にあてられることが多いです。入居審査に通らなかった場合は、返金されます。ただし、不動産会社によっては返金されない場合もありますので必ず確認をしてください。そしてトラブルにならないように預かり証を貰うようにしましょう。

 

 

*入居審査

 

提出した申込書や必要書類は、不動産会社から貸主の手に渡り、入居審査が行われます。チェックがされるのは安定した支払い能力があるか、生活上のルールを守れる人かなどで、だいたい1週間程度で結果がきます。審査に通れば賃貸契約を結ぶことができます。

 

 

契約

 

入居審査に合格し、物件に変更がなければ賃貸契約を結びます。
賃貸契約は、法的な強制力をもち、まあその後の生活にも重要な意味を持つので、契約をする際は、事前にしっかりと確認しましょう。

 

*契約までに準備しておく物

 

■入居する人の住民票
  賃貸借契約の日取りが決まったら、入居する人(自分だけでなく入居する家族全員)の住民票を用意しましょう。住民  票は、市区町村役所またはその出張所で交付してもらいます。

■収入証明書
  賃貸借契約の際に、入居する人の収入証明書を提出する場合があります。収入証明書が必要かどうかは、事前に不動産  会社に聞いておきましょう。
  サラリーマンの場合、会社から年に1度交付される源泉徴収票が収入証明書ですが、毎月の給与明細書でもよいこともあ  ります。
  自営業の場合は、税務署に確定申告をした際に交付される確定申告書の写しや納税証明書が必要です。

■保証人の保証書
  「保証書」、「保証契約書」、「連帯保証契約書」、「保証人引受承諾書」などいろいろな名称がありますが、いずれ  にしても、保証人が入居者の債務を保証するという内容の契約書です。
  保証書には、通常の場合、保証人の実印を押印することになっており、賃貸借契約を結ぶ前に、早めに保証人にこの保  証書を書いてもらいましょう。

■保証人の印鑑証明書
  保証人の印鑑証明書を用意する場合があるので、必要な場合には、早めに保証人にお願いしておきましょう。

recommend

株式会社ケーコーポレーション

 

 

賃貸マンション:コピーライト